クマンバチの象徴する意味

クマバチ、またはクマンバチは蜂の中でも大型で、怖いと感じる方もいるかもしれませんが毒性はなく、花粉や蜜を食べる温厚な蜂です。もこもことしていて可愛いので私は虫の中でも特に好きです。

クマンバチのその大柄の体格と小さな羽では、航空力学上、理論的には飛ぶことが不可能とされていました。しかし実際には飛べるので「彼らは飛べると信じているから飛べるのである」という説が論じられたのだとか。面白いですよね。
そこから「不可能を可能にする」、「概念を捨てる」というシンボルになりました。
クマンバチを見かけて気になったら、無理と思ってることを見直してみるといいかもしれません。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Website Built with WordPress.com.

Up ↑

%d bloggers like this: